交通事故

・法律相談料    初回無料


・着手金(原則として、委任事務着手時のお支払いとなります。)

事件の経済的利益が 着手金
300万円未満までの場合 経済的利益の8%
300万円~3000万円の場合経済的利益の5%+9万円
3000万円~3億円の場合経済的利益の3%+69万円
3億円を超える場合 経済的利益の2%+369万円


・成功報酬金(原則として、委任事務着手時のお支払いとなります。)

事件の経済的利益の額が成功報酬金
300万円未満までの場合経済的利益の16%
300万円~3000万円の場合 経済的利益の10%+18万円
3000万円~3億円の場合経済的利益の6%+138万円
3億円を超える場合経済的利益の4%+738万円


【事例と弁護士費用例】

【事例】

交通事故に遭い、保険会社から500万円の提示を受けた。しかし、弁護士は1000万円が妥当な賠償額だと考え、保険会社と交渉し、1000万円の支払いを受けた。依頼者は任意保険会社の弁護士特約に加入しており、弁護士特約を利用した。

【弁護士費用例】

本件では、保険会社から500万円の支払いを受ける可能性が高いため、経済的利益は差額(1000万円-500万円)の500万円として弁護士費用を計算しています。

・法律1時間・・・法律相談料 5400円(30分無料相談を利用)
・着手金・・・経済的利益500万円×5%+9万円=34万円(消費税別)
・成功報酬金・・・経済的利益500万円×10%+18=68万円(消費税別)
・実費・・・3万円程度

別途日当

本件では、弁護報酬は300万円におさまっているため、すべて保険会社から支払いがなされ、依頼者が弁護士費用を支出することはなかった。