保全命令申立事件

【着手金】(原則として、委任事務着手時のお支払いとなります。)

事件の経済的利益の額が着手金
300万円未満までの場合経済的利益の4%
300万円~3000万円の場合経済的利益の2.5%+4万円
3000万円~3億円の場合経済的利益の1.5%+34万円
3億円を超える場合経済的利益の1%+184万円

・審尋又は口頭弁論を経た場合

事件の経済的利益が着手金
300万円未満までの場合経済的利益の5.3%
300万円~3000万円の場合経済的利益の3%+6万円
3000万円~3億円の場合経済的利益の2%+46万円
3億円を超える場合経済的利益の1.3%+246万円

※ただし、報酬金の最低額は10万円となります。

経済的利益の算定が困難な場合は、経済的利益を800万円として、着手金の金額を増減させていただきます。


【成功報酬金】(原則として、委任事務終了時のお支払いとなります。)

事件の経済的利益が報酬金
300万円未満までの場合経済的利益の4%
300万円~3000万円の場合経済的利益の2.5%+4万円
3000万円~3億円の場合経済的利益の1.5%+34万円
3億円を超える場合経済的利益の1%+184万円

・審尋又は口頭弁論を経た場合

事件の経済的利益が報酬金
300万円未満までの場合経済的利益の5.3%
300万円~3000万円の場合経済的利益の3.3%+6万円
3000万円~3億円の場合経済的利益の2%+46万円
3億円を超える場合経済的利益の1.3%+246万円

・本案の目的を達したとき

事件の経済的利益の額が成功報酬金
300万円未満までの場合経済的利益の16%
300万円~3000万円の場合 経済的利益の10%+18万円
3000万円~3億円の場合経済的利益の6%+138万円
3億円を超える場合経済的利益の4%+738万円

※ただし、報酬金の最低額は20万円となります。
経済的利益の算定が困難な場合は、経済的利益を800万円として、着手金の金額を増減させていただきます。