刑事弁護(裁判になり、有利な判決を獲得した場合)

【裁判になり、有利な判決を獲得した場合】
〔裁判前着手金〕  30万円
(裁判前着手金に含まれる内容)
①接見4回(5回目以降は1回の接見につき3万円となります。)、②示談活動、③勾留請求却下の申立て
※依頼を受ける前に接見へ行く場合には、3万円を別途頂戴いたします。
※接見を行う警察署等が遠方の場合、別途日当を頂戴する場合がございます。
※依頼を受ける際には、着手金・報酬金はご依頼時にお預かりします。報酬金が発生しない場合には、お客様に返金いたします。

〔裁判着手金〕   30万円
(裁判着手金に含まれる内容)
①接見4回(4回目以降は1回の接見につき3万円となります。)、②示談活動、③接見禁止解除の申立て、④勾留理由開示請求、⑤保釈請求の申立て

〔成功報酬〕    30万円
※裁判の成功とは、検察官の求刑よりも有利な判決を獲得した場合をいいます。